読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【NetFlow】

NetFlow
NetFlowはトラフィック情報を収集する機能です。
NetFlowを有効にした機器を通過するトラフィックの統計情報を
フローごとに収集できます。


フローの識別には7つのkeyフィールドが使用されます。
1つでも異なると別のフローとみなされます。

・送信元IP
・宛先IP
・送信元ポート
・宛先ポート
・レイヤ3プロトコル
ToS
・入力インターフェース


トラフィック情報にはNon Key フィールドが含まれます。
・送信元IP
・宛先IP
・送信元ポート
・宛先ポート
ToS
・入力インターフェース
・出力インターフェース
・フローのバイト数、パケット数


Flexible NetFlow(NetFlow version 9とも呼ばれる)は
NetFlowで固定であったKeyフィールドとNon Keyフィールドを任意に指定可能。
目的に応じたトラフィック情報の収集が可能。

下記の4つのコンポーネントで交際されます。
フローレコード
 Keyフィールドの指定
 NonKeyフィールドの指定
フローエクスポータ
 収集したトラフィック情報の出力先を指定
フローモニタ
 レコードの指定
 フローエクスポータの指定
フローサンプラ
 トラフィックの収集レートを指定


・フローレコードの設定
flow record {フローレコード名}
match {key フィールド}
collect {Non Key フィールド}
※show flow record

・フローエクスポータの設定
flow exporter {フローエクスポータ名}
destination {IP address}
※show flow exporter

・フローモニタの設定
flow monitor {フローモニタ名}
record {フローレコード名}
exporter {フローエクスポータ名}
※sohw flow monitor

・フローサンプラの設定
sampler {フローサンプラ名}
mode random 1 out-of {レート} どれぐらいの割合で収集するか
※sohw sampler

インタフェースへ適用
(config-if)#ip