読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【BGP】パスアトリビュートと分類

パスアトリビュートは最適ルートを判断するために経路情報に付けられる値です。
状況に応じて追加・変更・削除が可能です。経路情報に必ず付けられているものとそうでないものがあり、
下記の通りカテゴリ分けできる。

Well-known mandatory

全てのBGPルータが解釈し、アップデートに必ず付加しなくてはならない。

※mandatory = 義務的な

アトリビュートの例:ORIGIN・AS_PATH・NEXT_HOP

Well-known discretionary

全てのBGPルータが解釈するが、アップデートには必ず付加しなくてもよい。

※discretionary = 任意の

アトリビュートの例:LOCAL_PREFERENCE・Atomic_Aggregate

optional transitive

全てのBGPルータが解釈できるとは限らないが、その場合でも他のBGPネイバーに伝搬

アトリビュートの例:Aggregator・COMMUNITY

optional nontransitive

全てのBGPルータが解釈できるとは限らないが、その場合は他のBGPネイバーに伝搬しない。パスアトリビュートが解釈できない場合には削除される。

 アトリビュートの例:MED・Originator・Cluster_list

 

Cisco独自のアトリビュートとしてWeightがある。