読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ルーティング機能】Passive interface

パッシブインターフェースを使用することでルーティングのアップデートを抑制して無駄な帯域消費を抑制できます。



EIGRP・OSPFとRIPでパッシブインターフェースの挙動が異なります。

EIGRP・OSPFはHelloパケットを送信しないため隣接関係も構築しません。そのためルーティングアップデートも送受信しません。

RIPはルーティングアップデートを送信しませんが受信します。



設定はルーティングのコンフィグレーションモードにて行います。

(config-router)#passive-interface {default | インターフェース}

defaultオプションを設定すると全てパッシブインタフェースとなります。

インタフェースを指定すると指定したインターフェースのみパッシブインターフェースになります。

そのため、設定方法は下記の2通りあります。

全てパッシブインターフェースにして必要なインターフェースをno passive-interfaceコマンドによってパッシブ状態を無効化する方法
アップデートが不要なインタフェースのみパッシブ状態にする方法