読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ルーティング機能】AD値の変更

複数のルーティングプロトコルが混在しているネットワークでは信頼度の高い(AD値の小さい)プロトコルが使用されます。

環境によっては、信頼度の低いプロトコルのルートの優先度を上げるためにAD値を変更する必要があります。



OSPFのAD値変更

(config-router)#distance {AD値} [送信元IP {ワイルドカード}] [ACL]

AD値:1~225

送信元IP:ルート情報元のIPアドレスを指定し、一致した場合AD値を変更

ACLACLを指定してpermitに一致した場合AD値を変更する。



EIGRPのAD値変更

(config-router)#distance eigrp {内部EIGRP AD値} {外部EIGRP AD値}