読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【 再配送 redistribute 】 設定

再配送の設定方法はプロトコルによって異なります。

EIGRPとOSPFへの再配送の設定は redistribute コマンドを使用し、下記のように行います。



OSPFへの再配送 ( redistribute )

(config)#router ospf {プロセスID}

(config-router)#redistribute {プロトコル} [metric {値} ] [metric-type {type}] [tag {tag}] [route-map {map名}] [subnets]

プロトコル:再配送元のプロトコルを指定します。[RIP] [EIGRP AS番号] [static] [connected]

・metric:シードメトリックを指定します。

・metric-type:OSPFの外部メトリックタイプ1か2を指定します。デフォルトは2です。

・tag:tag値をつける場合に0~4294967295の間で付加します。

・route-map:ルートマップを使用する場合に設定します。

・subnets:サブネット化されたルートはデフォルトでは再配送されないため、サブネット化されたルートも再配送する場合に設定します。



EIGRPへの再配送 ( redistribute )

(config)#router eigrp {AS番号}

(config-router)#redistribute {プロトコル} [match {条件}] [metric {metric}] [route-map {map名}]

プロトコル:再配送元のプロトコルを指定します。[RIP] [OSPF プロセスID] [static] [connected]

・match:再配送する経路を選択します。OSPFが再配送元の場合に設定できます。OSPFの内部ルートのみ、OSPFの外部メトリックタイプ1のみ、OSPFの外部メトリックタイプ2のみ等。

・metric:シードメトリックを指定します。(帯域幅、遅延、信頼性、負荷、MTU)

・route-map:ルートマップを使用する場合に設定します。