読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【IPv6】OSPFv3

IPv6向けOSPFであるOSPFv3の設定手順について。





1.IPv6ルーティングを有効化

(config)#ipv6 unicast-routing



2.OSPFv3ルーティングプロセスの作成

ルーティングプロセスを作成し、ルータIDも指定する。IPv4アドレスが設定されたインタフェースを持つ場合は必須でない。

(config)#ipv6 router ospf {プロセスID}
(config-rtr)#router-id {ルータID}



3.インタフェースにアドレスを設定

(config)#interface {インターフェース}
(config-if)#ipv6 address {IPv6アドレス/プレフィックス長}



4.インタフェース上でOSPFv3を有効化

IPv4のOSPFではルータコンフィギュレーションモードで有効化するインタフェースを指定しましたが、OSPFv3ではインタフェース上で有効化の設定をします。

(config-if)#ipv6 ospf {プロセスID} area {エリア番号}