読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【IPv6】RIPng

RIPngとはRIP Next Generationの略で、IPv6環境で使用できるRIPです。

アルゴリズムは基本的にIPv4のRIPv2と同じで、ディスタンスベクタ型のルーティングプロトコルです。

設定は下記の手順で行いますが、注意点としてRIPngを有効化させるインタフェースはインタフェースコンフィグレーションモードで行います。



1.IPv6ルーティングを有効化

(config)#ipv6 unicast-routing

2.RIPngプロセスの有効化

ルーティングプロセスを作成。プロセスは隣接ルータと一致させる必要はない。

(config)#ipv6 router rip {プロセスID}

3.インタフェースにアドレスを設定

(config)#interface {インターフェース}
(config-if)#ipv6 address {IPv6アドレス/プレフィックス長}

4.インタフェース上でRIPngを有効化

IPv4のRIPではルータコンフィギュレーションモードで有効化するインタフェースを指定しましたが、RIPngではインタフェース上で有効化の設定をします。

(config-if)#ipv6 rip{プロセスID} enable