読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【OSPF】シングルエリアの設定

・設定
  ⇒OSPFの有効化
          (config)#router eigrp 200
          (config-router)#network 10.0.0.0 0.255.255.255 area 0
  ⇒ルータのOSPFルータIDを確認
   ※デフォルトはアクティブなインタフェースの最上位IPアドレス
          #show ip ospf
              →Routing Process ospf 200 with 10.1.1.1
      ※IPアドレスを使用したルータIDの変更には再起動が必要
  ⇒ルータIDを手動設定
          (config)#router ospf 200
          (config-router)#router-id 10.0.0.11
          #clear ip ospf process
          #show ip ospf
  ⇒リンクステートデータベースを確認
          #show ip ospf database
              →Link ID : OSPFルータID
              →ADV Router : LSAを通知したOSPFルータID
              →Age : LSAを受け取ってからの経過時間
              →Seq# : LSAの新旧を見分けるもの
              →checksum : LSAのエラー発見用のチェックサム
              →Link count : OSPFリンク数
 ・OSPFのパケットタイプの検証
  ⇒OSPFのパケットタイプの検証
          #debug ip ospf events
 ・DRとBDRの選出の検証
  ⇒OSPFのプライオリティとイーサネット上のDRを確認
          #show ip ospf neighbor
              →NeighborID : OSPFネイバールータID
              →Pri : ルータプライオリティ
              →State : OSPFネイバーステータス
              →Dead Time : デッドタイム
              →Address : 直接接続されている、ネイバーインターフェイスIP
              →Interface : ネイバーと接続されている自ルータインターフェイス
  ⇒DR/BDRに選出させない
          ※プライオリティの数値が大きい方が優先度が高い。0は選出しない
          (config)#interface fa 1/0/1
          (config-int)#ip ospf priority 0